シリーズ「BLACK」
主題と手法の一致を試みた作品群です。モノクロームではなくカラーの“黒”。色を重ね、或は抜くことで“黒”をつくっております。 色に対する認識は器質、文化的背景に大きく影響されている。感覚器官はすなわち身体であり器質の個体差、それに及ぼす環境的要因についての考察を作品にしました。 生物は種によって異なる視覚を持っている。人についても差の大小はあれ個体差(色覚はもちろん身長、視力などの器質要因)があり人はそれぞれ異なる視界がある。 「知覚と世界」とは「身体論」でもあります。個体差を超えて得られる共感に言及すること目指して「先ず色を盛り」「それを無効にする」手法を用いています。